成長期にグングン身長を伸ばすための栄養とは

成長期に身長を伸ばすために必要な栄養として、まずはタンパク質が挙げられます。

これはタンパク質は、体を構成している皮膚や骨、筋肉と言ったものの材料である
栄養だからです。

 

更に成長期において重要な役割を果たす成長ホルモンや性ホルモンの分泌に対しても、タンパク質は重要性を持っています。

いくら栄養を摂取していても、これらのホルモンの分泌が滞ったままだと身長が伸びることは望みにくいので、その点においてもタンパク質は重要です。

タンパク質はアミノ酸から構成されており、そのアミノ酸はいくつかの種類に分類されます。

それをまんべんなく摂取することが望ましいですが、中でも体の中では生成されない種類のアミノ酸は、意識的に摂取する必要があります。

それから亜鉛です。亜鉛には、細胞分裂を促進する作用、ホルモン分泌に働きかける作用があるとされています。

 

また骨芽細胞を刺激することでコラーゲン生成を促し、そのコラーゲンがタンパク基質として成長期の体に働きかけると言う作用も、亜鉛には期待することができるためです。

タンパク質とは異なり、亜鉛は含まれている食品が限定的であり、かつその摂取量もそれほど多くはありません。

ですからサプリ等を利用すると効果的です。

 

そしてカルシウムマグネシウムです。成長期に身長を伸ばすためには、骨への働きかけが必要不可欠です。

カルシウムは骨への働きかけに非常に優れた栄養なので、その摂取は欠かせないと言えます。

 

一方のマグネシウムについては意外に思う人もいるかもしれませんが、カルシウムの吸収を助けるような役割を持っています。

更に体内で行われる筋肉の収縮などに際しては、カルシウムとマグネシウムのバランスが保たれていることが必要です。

 

つまりカルシウムだけ摂取していても、マグネシウムがなければその摂取による効果を望むことはできず、それどころか体の働きに影響が出てきてしまう恐れもあると言うことです。

カルシウムが2であれば、マグネシウムは1の割合であるのが最適なバランスとされているので、カルシウムとセットでマグネシウムも摂取することが求められます。

 

更にカルシウムの吸収を助けると言う意味においては、ビタミンDも摂取しておきたいです。

成長期においては偏りが出ることなく、こうした栄養をまんべんなく摂取することが望ましいです。

コメントを残す