意外と知らない事実!カルシウムだけでは身長は伸びない

昔、戦後から身長をのばすにはカルシウムを摂取すればいい、と言われてきました。

その為に牛乳を飲みなさいと親に言われて育った子どもはたくさんいることでしょう。

牛乳には栄養素が豊富なため、現代でも小学校の給食では牛乳が出されています。

しかし実際に牛乳をたくさん飲めばそれだけ身長が伸びるのかといえば、そうではありません。

それは身長を伸ばすためにはカルシウムだけでなく他の栄養素も必要だからですし、もっと細かく研究された結果、背を伸ばすために必要なのはたんぱく質であるそうです。

たんぱく質は骨や肉をつくる材料となるので骨を作り背を伸ばす役割を果たしますし、骨の成長に不可欠な成長ホルモンの分泌を促す役割があります。

 

そこでカルシウムが登場するわけです。たんぱく質によって作られた骨を強くする素材であるのがカルシウム

つまり、鉄筋の建築物に例えるとたんぱく質が骨組みでカルシウムがコンクリートであると言えるのです。

 

ですからむやみにカルシウムばかり摂取していても骨が頑丈になるばかりで思うようには背は伸びません。

背の高さは遺伝だという人もいますが、実際に遺伝が関係するのは2割程度のことで、あとの8割を占める身長をのばすために大事なことは3つ。

栄養睡眠、そして運動です。

 

栄養はたんぱく質やマグネシウムなどバランスよく取ることが大切で、夜はゴールデンタイムと呼ばれる10時以降には必ず眠っていること、そして適度な運動をして体を動かすことです。

それが守られると世界でも比較的身長の低いアジア人であっても背がかなり伸びる
可能性があるのです。

 

このように、背を伸ばすには牛乳だけ飲めばそれでいいというわけではありませんが、牛乳に栄養素が豊富に含まれていることは紛れもない事実。

牛乳にはたんぱく質や脂質だけでなくビタミンも含まれて居ます。

ビタミンは肌の健康を守ったり目の健康などにも必要な成分ですので、これだけで
背は伸びないからといって飲むのをやめるのではなくて、しっかりと飲むようにしましょう。

コメントを残す